INTERVIEW

支社長

【支社長】お客さま基点を実践する職員インタビュー

感動も失敗も、全ての経験が成長の原動力となる

町田支社 支社長 伊東 義記

町田支社

支社長

伊東 義記1992年入社

PHOTOS

  • 草加営業所の営業所長時代。東京東支社の新記録更新の記念にアドバイザーと
    草加営業所の営業所長時代。東京東支社の新記録更新の記念にお客さまアドバイザーと
  • 異動の記念に贈られたペーパーウェイトは、今でもデスクで愛用している
    異動の記念に贈られたペーパーウェイトは、今でもデスクで愛用している
  • どんなに多忙でも部下とのコミュニケーションはおざなりにしない。個別にきちんと話を聞くのがモットー
    どんなに多忙でも部下とのコミュニケーションはおざなりにしない。個別にきちんと話を聞くのがモットー
  • 「俺について来い」というタイプではない。大切にしているのは一人ひとりの個性を尊重し、見守るという姿勢
    「俺について来い」というタイプではない。大切にしているのは一人ひとりの個性を尊重し、見守るという姿勢

CAREER STEP

WORK

支社長の役割

支社の責任者として、担当エリア営業所の業務・人材育成を統括する。

本社と営業所の間のパイプ役を担う支社の責任者として、担当エリア内の営業所を統括するのが支社長である。担当エリア内のシェアを高めるという使命の下、業務内容は営業所の業績管理から、内務管理や対外対応など多岐にわたる。中でも最も重要な役割は、営業所長や次長など次世代リーダーの育成である。人材育成は「人づくり宣言」の基本方針をベースに、一人ひとりの個性を尊重しながら、ステップアップをサポートしていく。定型化されたノウハウはなく、まさに支社長の経験と手腕を活かせる分野でもある。こうして独り立ちしたリーダー達が、全国の支社や営業所で「お客さま基点」を実践していくのだ。生命保険業務に関する知識や営業所長経験はもちろんのこと、判断力や決断力、統率力など人間性を備えた支社長は、営業の最前線を統括する憧れの役職でもある。

支社長の役割 イメージ