福島支社 業務担当 北川 英治

福島支社 業務担当

北川 英治2015年入社

神奈川県出身。学生時代は、サッカー部に所属しサッカー漬けの日々を過ごす。就職活動は金融業界、特に生命保険業界を中心に行い、選考中に出会った職員の人柄に惹かれ、フコク生命への入社を決意。その後、福島支社へ配属される。入社1年目は支社業務の根幹である、保険金支払業務・契約業務を担当。初めての一人暮らしに戸惑いつつも、東北の自然豊かな環境で充実した社会人生活をスタートさせる。趣味は最近始めたゴルフ。

  1. 現在の配属先の雰囲気を教えてください。

    配属先の雰囲気 配属先の雰囲気

    福島支社は伝統のある名門支社です。支社で働く職員は皆誇りを持って仕事をしていて、時に厳しいと感じることもあります。しかし、明るくフランクな方が多く、活気のある支社です。また、オンとオフの切り替えが上手な方も多いです。支社の皆で北海道フェアに参加したり、スノーボードをしたり、年末には年越しそばを作ったりもしました。

  2. 現在の仕事内容とやりがいを教えてください。

    入社2年目の現在は、業務担当を任されています。業務担当の仕事は、営業所の成績管理や、社内会議で使用する資料作成・お客さまアドバイザー向けの研修会の企画・運営など、営業所を幅広い面でサポートする仕事です。「こういう資料がなくて困っている」という営業所からの依頼をもとに作成した資料が役に立ち、それに対して「助かった。ありがとう」と言われるときに最もやりがいを感じます。

  3. 入社時に比べて自分が成長したと思えるポイントを教えてください。

    「責任感を持って仕事ができるようになったこと」です。入社1年目のときに、営業所からの問合わせに対して確認を怠り、誤った回答をしたことがお客さまの苦情につながり、担当のお客さまアドバイザーに迷惑をかけてしまいました。自分の指示で営業現場が動くことを実感し、それ以降は、自分の指示や回答に責任を持って仕事に取り組むことを心がけるようになりました。

  4. 同期や先輩(メンター)・上司とのエピソードを教えてください。

    同期や先輩(メンター)・上司とのエピソード

    同期の存在は私にとって心の支えです。特に東北で働く同期は、皆私と同じ業務担当をしており、悩みを共有できる親友です。ミスの連続で上司から注意され「この仕事が向いていないのではないか」と考えていることを同期に打ち明けると東北各地から集まってくれて、私を励ます会を開いてくれました。今の私がいるのは彼らのおかげです。

  5. 学生へのメッセージをお願いします。

    就職活動は多くの選択肢から自分の進路を選ばなければなりません。私自身も就職活動には本当に苦労しました。選考をどう切り抜けるかを考えることも大切ですが、まずは自分が本当にやりたいこと、人生で譲れないものを考え、それにあった会社を選ぶことが最も大切なことだと思います。その中で「フコク生命」を選んでもらえたら光栄です。