1. HOME
  2. 働き方について

働き方について

働きやすい職場づくりで
ダイバーシティの推進に取り組んでいます。

フコク生命では職員一人ひとりが最大限の力を発揮して、いきいきと働くための職場環境づくりを推進しています。その具体的な取組みについて紹介します。

ダイバーシティ推進の柱

フコク生命は、さまざまな個性や違いを持つ職員の存在、すなわち多様性(=ダイバーシティ)こそが、ビジネス環境の変化やお客さまのニーズに柔軟かつ迅速に対応できる強い組織づくりにつながり、ひいては会社の発展につながると考えています。

2011年4月に「ダイバーシティ推進室」を発足させ、現在は、ダイバーシティ推進の柱として、「女性の活躍推進」、「仕事と子育ての両立支援」、「障がい者雇用の推進」などを掲げて取り組んでいます。

現在、2016年4月施行の女性活躍推進法にもとづき、現状把握・原因分析を進めて、数値目標を定めました。今後は、女性活躍推進とワークライフバランスの両輪を押し進めるべく、フコク生命ならではの施策を検討し、推進していきます。

  • 女性の活躍推進
  • 仕事と子育ての両立支援
  • 障がい者雇用の推進

フコク生命の女性活躍推進

フコク生命では、男女の区別なく、すべての職員が力を発揮できる職場環境づくりを進めていますが、特に女性の活躍という観点からは、中期経営計画の中で「女性の役割や担当職務を拡大し、女性活躍を推進する。」を掲げ、女性管理職の登用数の増加等に取り組んでいます。

人事部では、2016年10月より人事制度の改正(エリア職制度の導入など)を行い、女性が今まで以上に担当職務を拡大し、上位職へ挑戦することを可能としました。

また、女性職員を対象としたリーダー育成の研修である「女性活躍推進フォーラム」の開催や管理職層の意識改革として「イクボス研修会」を実施するなど、様々な研修を実施しています。

これらを通して、今以上に、女性職員一人ひとりが力を存分に発揮できる職場環境を醸成したいと考えています。

※イクボスとは…職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績の結果も出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことが出来る上司(経営者・管理職)のこと。男性管理職に限らず女性管理職も含む。

  • 会社全体の男女比率

    男性1,951

    女性10,693

    2016年

  • 内務職員の男女比率

    男性1,549

    女性1,306

    2016年

  • 役職各男女平均年齢

    男性45.2

    女性50.8

    部長・課長クラス 2016年

仕事と子育ての両立支援

フコク生命では、仕事と子育ての両立を図りながら、安心して働ける職場環境づくりに取り組んでいます。この取組みが評価され、2009年と2012年、2015年の3回、厚生労働省により、子育てサポート企業としての認定を受け、「次世代認定マーク(くるみん)」を取得しています。現在、両立支援において掲げている目標は次の3つであり、いずれも達成しています。

くるみん イメージ
  1. 育児を行う職員が就業を継続し活躍できるよう、小学校入学以降に利用できる育児関連制度を拡充する
  2. 配偶者が出産した男性職員に占める育児休職取得者の割合について30%以上を達成する
  3. 年次有給休暇の平均取得日数について5日以上を達成する
  • 育児休職取得率

    100

    2015年度出生(女性)

  • 育児休職復職率

    92.9

    2015年度出生(女性)

  • 時短制度利用率

    75.0

    2016年度復職者

仕事と子育ての両立支援 イメージ
【子育てに関する主な制度】

2014年度より育児休職中の職員やその同僚、子育て中の職員等が参加し、仕事と子育てに関する情報共有の場として、年に2回ランチ交流会を開催しています。同じような立場の職員同士で悩みや情報、経験を共有することで、新たな気づきや励みを得ることができたとの感想がよせられています。

ランチ交流会 イメージ
ランチ交流会の様子。情報共有することで仕事と子育ての両立の励みに。

また、職員の家族に会社を訪問してもらう「ファミリーデー」は、2017年度は本社で5回目の開催となり、106家族165名が参加しました。「ファミリーデー」の目的は職員の家族に会社を知ってもらうこと。職場においては、それぞれの職員に家族があることを再認識し相互理解を深めてもらうことで、より働きやすい職場環境を醸成することです。参加者からは、「家庭での会話が弾むようになる」、「家族の仕事への理解が深まった」、「同僚の家族を知ったことで何かあったときは協力したいと思うようになった」などの感想がよせられました。今後も継続して開催し、今以上に働きやすい職場づくりにつなげたいと考えています。

ファミリーデー イメージ
ファミリーデーの様子。社長と記念撮影。夏休みの楽しい思い出をつくってもらうことができました。

子育てに関する制度利用者の声

長男のときは生後6ヵ月で復職したので、育児休憩を利用しました。また長女は1歳4ヵ月で復職し、現在は「勤務時間の短縮等の措置」の制度を利用しています。

1日30分単位で、2回(合計1時間)まで取得可能なので、子どもの通院や学校の面談等の時に助かっています。

子育てに関する制度利用者の声 イメージ

障がい者雇用の推進

障がいのある人も障がいのない人も何の区別もなく生活していることがあたり前であるというノーマライゼーションの考えにもとづき、障がい者雇用を推進しています。当社では、さまざまな障がいをもつ方が、全国の拠点において、障がいのない人と同じ職場で、最大限の力を発揮しながら働いています。なかでも、千葉ニュータウン本社における障がい者の雇用率は約7%で推移しており、障がい者を積極的に雇用している事業所として、千葉県より『笑顔いっぱい!フレンドリーオフィス』に認定されています。

※2017年11月末時点で255名、雇用率2.07%

  • 千葉ニュータウン本社での雇用率

    7

    2017年11月

  • 全国の拠点での雇用数

    255

    2017年11月

  • 全国の拠点での雇用率

    2.07

    2017年11月