フコク生命エリア職採用

TOPへ戻る

VOICE 先輩達の声

自分のペースで、着実にスキルアップ。その手応えが、仕事への活力源です。

山野奈都希イメージ

まだまだわからないことがある奥深い総務の仕事に挑む

生命保険は目に見えない商品だからこそ、“人間性”が問われます。その“人間性”を大切にして働くことができるのっていいなと思い、保険業界に絞って就職活動を行いました。中でもフコク生命に決めたのは、採用面接の際、私の話をとても熱心に聞いてくれて、私も緊張せずに自分を出し切れたという達成感を得られたから。この会社なら、自分の力を発揮することができると思いました。

現在は、会社全体に関する事務を扱う総務部に所属し、会計、証明書の発行、事務用品の管理等、多岐に渡る仕事を担当。とにかく総務がカバーする業務範囲は広く、まだまだスキル不足だと感じています。たとえば、各部署から電話の問い合わせも非常に多いのですが、入社当初は聞かれた内容もわからず、毎回先輩に聞いて回答していました。どこに問い合わせをしたらいいのか、わからないことはすべて総務に回ってくるので、新入職員にはハードルが高いんですね。けれども、毎回、問い合わせ内容や先輩に聞いたことをしっかり頭にインプットしていくうちに、仕事の流れを少しずつつかむことができてきて、徐々に自分で回答できるようになり、気持ちに余裕が出てきました。質問やそれに対する答えを書き記したメモは早2冊目に入っていますが、それでもまだわからないことがある、それくらい総務部の仕事は奥深いです。

山野奈都希イメージ

仕事ができる先輩たちの背中を見て、追いつき追い越せ

配属前は、次から次へとハードルの高い仕事を与えられて四苦八苦するのかなと想像していましたが、そうではなく、都度、自分の力量に合った仕事を与えられ、一つひとつの業務をきちんと理解できている実感もあって、とても仕事に取り組みやすいです。また、わからないことがあって質問すれば、先輩たちはいつも快く答えてくれますし、「では、やってみます」と言って、自ら新しい業務に取り組むときも、チャレンジさせてくれた上で見守ってくれます。

そんな中でうれしいのは、「こんなことをしたら嬉しいかな」「わかりやすいだろうな」と、相手を思いやって実行したちょっとした気遣いに対して、感謝されるとき。たとえば、社内便を出すとき、わかりやすくするために一言添えたら、相手から「ありがとうございます。助かりました」という言葉をもらい、心が温かくなりました。

とはいえ、周りの先輩たちを見渡すと、もっときめ細かい気遣いを実践しています。これから、先輩たちの言動に関心を持って観察し、いいところを吸収して、一歩でも近づいていけたらと思っています。

グリーンデビューを目指してレッスン
グリーンデビューを目指してレッスン

社会人といえばゴルフ(笑)。父の影響もあって、大学4年の夏から初めています。現在は毎週、ノー残業デーの水曜日の夜、ゴルフ練習場でレッスンを受けています。秋ぐらいにはグリーンデビューしたいですね。

夢の世界でリフレッシュ!
夢の世界でリフレッシュ!

学生時代は、定期的に訪れていたテーマパーク。幼なじみと一緒に行きました。夢の世界で遊べば、最高のリフレッシュができます。