1. HOME
  2. メッセージ
  3. [総合職]千葉ニュータウン本社勤務

職員からのメッセージ [総合職]千葉ニュータウン本社勤務

エリア職から総合職へ。
自らの希望でキャリアの扉を開きました。

林部 麻子総合職

1998年入社
契約医務部 医務総務グループ 副長

職員からのメッセージ イメージ

フコク生命との出会い

事務職を志望し、複数業界の会社を受ける中で、比較的早く内定が出たのが、フコク生命でした。入社の決め手は、面接を通して人間味のある人がとても多いと感じたことです。一般的な事務職をイメージしていたので、入社後、有価証券管理室に配属されたときは、戸惑いました。しかし、外国証券の管理を任され、億単位の金額を日々取り扱う責任のある仕事に取り組むうちに、もっと幅広い業務を自分の目で見て知りたいと、考えるようになりました。そして、総合職への職種転換を考え始めた時、上司にも「総合職へ挑戦してみないか」と勧められ、エリア職から総合職へ職種転換。あの時、フコク生命と出会わなければ、今の自分はなかったかもしれません。

フコク生命との出会い イメージ

現在の仕事内容

契約医務部 医務総務グループの副長として、お客さまが保険に加入される際に健康状態を確認する「告知」や「診査」の書類確認・管理に携わっています。難しいのは、イレギュラーな契約処理の対応をする時。私のグループが担当する業務だけでなく、他のグループが担当する契約書類、システムの締め日などのタイミング、営業現場のお客さまアドバイザーの動きを考慮してベストな対応を実行できた時、大きなやりがいを感じます。まだ経験の浅いメンバーも多い私のグループは成長途上。これから私の経験や知識をメンバーに伝え、一人ひとりのパフォーマンスを向上させ、グループを成長させていければと考えています。

現在の仕事内容 イメージ

フコク生命で働く魅力

フコク生命は、大企業のスケール感がある一方で、中堅企業としてのフットワークの良さやアットホームさを併せ持っているのが魅力です。そのため、若いうちから入社年次問わず、良いアイデアや提案があれば、「やってみたら」と言ってもらえます。私も最初の配属先である有価証券管理室の時代から、チャンスを与えられ、新しい試みにチャレンジしてきました。また、私のように、自分の働き方に対する考え方が変わった時にシフトチェンジできるのも魅力。エリア職から総合職への職種転換だけでなく、総合職でも、子育てや介護などで一時的にエリア職へ職種転換することができます。長く働き続けることができる環境は、女性にとって魅力的だと思います。

フコク生命で働く魅力 イメージ

1日のスケジュールSchedule of the Day

他の職員のメッセージを見る