1. HOME
  2. メッセージ
  3. [総合職]調査役・内幸町本社勤務

職員からのメッセージ [総合職]調査役・内幸町本社勤務

若いうちからさまざまなチャンスをもらい、
キャリアの幅を広げていくことができました。

多賀沢子総合職

2007年入社
総合企画室 調査役

職員からのメッセージ イメージ

フコク生命との出会い

就職活動時は、自分の中で「これがやりたい」という強い思いがなかったというのが正直なところです。そこでさまざまな業界を見ていました。その中で、社会の役に立つという観点で見た時、生命保険会社で働きたい、と思うように。フコク生命についてはそれまで知らなかったのですが、説明会や面接に参加すると、他社と全く違う雰囲気で驚きました。他社では、「なぜ当社なの?」「就活の軸は?」などと質問攻めでしたが、フコク生命では逆に、就職活動で困っていることについて相談に乗ってくれたのです。その後、選考が進み、最終面接後に、「多賀さんはうちの会社に合っていると思うよ」と人事の担当者に言われたことに心を打たれて、入社を決めました。

フコク生命との出会い イメージ

現在の仕事内容

総合企画室のミッションは、長期的な企業価値向上に向けた取り組みを行うこと。主な業務は中期経営計画の振り返りや、コーポレートガバナンス対応、監督官庁対応などです。中でも私は監督官庁対応をメインで任されています。監督官庁とのやり取りは、資産運用、お客さま対応、新契約募集、ご契約の保全まで多岐にわたります。例えば、その日、新聞に掲載されたことについて、「御社はどうなっていますか?」と尋ねられることも。会社として回答するには、常に情報のアンテナを張っている必要があり、都度、各担当部署にヒアリングを行うことが欠かせません。あらゆる部署のさまざまな情報が集まってくる総合企画室でさらに自分のキャリアの幅を広げたいと考えています。

現在の仕事内容 イメージ

フコク生命で働く魅力

フコク生命は、若いうちから責任のある仕事を任せてくれる会社です。そして先輩方が一生懸命、若手を育てようとする会社でもあります。例えば、私が財務企画部で勤務していた当時、他部署や関連会社の管理職の方などとやりとりをする場面が多々ありましたが、おそらくその頃の私はまだ知識が足りず、質問の内容が拙かったり、要領を得なかったと思います。しかし、どなたも真摯な態度できちんと話をしてくれました。邪険に扱われたことは一度もありません。また、男女の差も感じません。経営塾時代も営業所長時代も平等でした。男性の総合職と比べると、女性の総合職は少ないので、男性よりむしろチャンスが多くもらえていると思うほどです。

フコク生命で働く魅力 イメージ

1日のスケジュールSchedule of the Day

他の職員のメッセージを見る