1. HOME
  2. 研修体制について

研修体制について

確実にスキルアップしていくための
育成プログラムがあります。

フコク生命では、“個”としての成長を促す“環境”や“場”をつくる人材育成に重点的に取り組んでいます。お客さまに確かな安心やサービスをご提供するには、“お客さま基点”で考え、行動する人材を育成することが重要と考え、さまざまな研修を行っています。

入社年度には新入職員研修をはじめ、フォロー研修やビジネスパーソンとして確実にスキルアップしていくための初期育成プログラムを設けています。2年目以降は、4年目まで毎年年次ごとの研修を行い、その後は、より専門性の高い研修を実施しています。他にも、キャリアアップ・ワークライフバランスを考えるキャリアサポート研修、管理職登用時の研修、リーダーシップの習得を目指す研修も導入しております。

また、組織や人材の活性化につなげるために、異業種の企業との交流を図る研修にもさまざまな世代の職員が積極的に参加しています。集合研修以外にも、通信教育制度や資格取得支援制度等、職員の自発的な能力・キャリア開発を支援する制度も各種用意し、育成面からも自己実現をサポートしています。

研修体制 イメージ
※エリア職入社でも入社時または中途から、総合職と同じ研修を経てさまざまな職務につく制度があります。

エリア職研修

研修に限らず多様な「場」で自己成長を支援します。

エレガントプラン

エリア職が中心となった「感じのいい職場づくり」を目指した現場レベルでの対話の場。エリア職視点の、組織風土改革などのアイデアや工夫が生まれています。

社内留学制度

他部門の実務を体験することでお互いを理解しあい、自らの仕事の意義や役割を理解する制度です。留学者にとっては客観的に自分の仕事を見直せる機会となり、受け入れ部門にとっては、留学者からの質問に答え、教えることで自部門の業務を見直せる機会になっています。

車座ミーティング

社長と直接対話ができる「車座ミーティング」を実施しています。社長を交えてテーマに対し自らの考えを述べ他者がどのように考えているかを聞くことにより、気づきや内発的動機を得る“場”として、会社への理解の深化や、保険に対する意識の向上を図り、参加者の“気づき”による成長を促しています。