HUMAN RESOURCES

人づくり

将来の経営幹部の視点で考える「経営塾」

フコク生命では「人づくり」の一貫として、若手職員を対象に約1年間にわたり、独自の育成プログラム「経営塾」を実施しています。将来、フコク生命の経営幹部としてリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指す「経営塾」のプログラム内容の一部をご紹介します。

社会感度

「ワイガヤ」体験

元本田技研工業株式会社経営企画部長の小林三郎氏を講師に招き「モノゴトの本質」の講義を拝聴。その後巣鴨や秋葉原、渋谷などに行き、なぜそこに人が集まるのかの理由を「ワイガヤ」。塾生がお互いに意見をぶつけ合い、モノゴトの本質を見抜く力を養います。

※「ワイガヤ」とは同じ組織に属する者たちが気軽に「ワイワイガヤガヤ」と話し合うこと。本田技研工業株式会社が提唱した言葉で、多人数による会話を指します。

共感力・チャレンジ精神

塾生による演劇公演上演

「今まで歩んだ人生に全く関係がなかった事への取り組みを仲間とともに行うこと」をテーマに塾生全員で演劇公演を行います。プロの指導のもと、出演はもちろん監督や美術、照明、音楽、集客や告知までを自分たちで行います。

一見、演劇と研修というのが結びつかないと思われるかもしれません。しかし演劇を創る過程はコミュニケーション力の向上に大きく影響をします。相手に想いを伝えるためには、言葉を発するだけではなく、身振り、手振り、表情などあらゆる表現手段を使うことが大切であることを体感していきます。

また準備期間約2週間という短い期間の中で「出来るか、間に合うか」という不安の中、観客を感動させる演劇を創りたいという共通の目標を持つことで、チームワークの強さと、チャレンジ精神が生まれてきます。

イメージ

チームワーク力

地区総合営業実習

生命保険会社の根幹である個人保険の募集活動を行います。「コンサルティング営業」を行うため、価格競争ではない「価値訴求」という考えを念頭に置き活動します。

塾生同士でチームを結成し、入塾以来学んできたコミュニケーション力や創造力などを活かし、目標達成に向けて経験を積んでいきます。

イメージ

リーダーシップ

営業所派遣

「営業所長の職務および営業現場を理解する」事を趣旨とし、リーダーシップを学び、お客さまに最も近い営業現場で真のお客さま基点を体験することを目的としています。

お客さまアドバイザーのマネジメントをメインに販売戦略の立案や、営業活動のサポート、お客さまアドバイザーの採用・育成など営業所運営を実践にて学びます。

実践力

総合職2年目 募集実習 トレーナー

入社2年目の総合職が保険募集活動を通じ、販売プロセス・商品知識・販売技術・接客マナー・自己管理等の重要性を学ぶ研修にトレーナーとして参加します。

入社2年目の総合職を「実習生」、経営塾生を「トレーナー」とし、トレーナー約2名、実習生約6名で1チームを編成。各チームを「営業所」として運営し、実習生はトレーナーの指導のもと、保険募集を行います。

トレーナーである経営塾生は、経営塾のカリキュラムで得た経験から、厳しい局面でもいかに楽しく仕事に取り組むか、モチベーションをどう保たせるかなど適切な指導を実践します。

フコク生命の持続的成長を実現するリーダーを育成する

1年間の研修は、生命保険会社の根幹である「営業現場のリーダー育成」という短期的視点と、「将来のフコク生命の経営幹部育成」という中長期的な視点の融合により構成されています。

今後あらゆる場面において求められる『リーダーシップ』の発揮を育むためには、〝チャレンジ精神〟や〝挑戦する強い心〟が必要となり、研修内容は前例に捉われないチャレンジングな内容を心がけています。

また『リーダーシップ』は頭で理解することと実践することには大きな違いがあり、実践を通して『リーダーシップ』を身に着ける運営を併せて実行しています。

例えば営業現場のマネジメントを行う営業所長は、リーダーシップの発揮により年齢層や性別を問わず、所属する全ての人材をマネジメントし、ひとつの方向に導いていくことが求められます。このようなケースにおいて、リーダーシップ理論だけでは実行が不可能であり、目的を持った実践を通して経験値を積み重ねていかねばなりません。

今まさに将来のフコク生命を担う経営幹部になる経営塾生には、リーダーを中心として縦横の連携を高め、共創をドライブしていく人材が求められています。

当社において、経営塾の研修プログラムは未来を作る挑戦です。挑戦の無いプログラムでは経営塾生に挑戦心を求めることは出来ません。塾生の成長を本気で考えた強い想いがこの経営塾には存在しています。経営塾生は1年間、塾プログラムに特化することで、「自分を磨き」、「他者を知り」、「社会感度を向上させ」、「ぶれない軸」を持つことに専念できる期間を与えられます。

私は、「塾生の成長」が「塾の発展」につながり、そして「フコク生命の持続的成長」につながると確信しています。

塾長 小畑 弘明

塾長 小畑 弘明